屋外でラボ、体感してみる

実体験学習
実体験学習

先月最後のラボレッスン。その週は多数で集まる事が難しかったので、合同練習をあきらめて、個々にセリフチェックをしていました。

「参加したいときに、いつでも来て良いよ~~」といつものように自由参加としていたら、最後の日はみんな既にチェック済みのメンバー・・・・

「もう一度、セリフチェックしてもよいけど、みんなができるようになったの知っているし、、、、じゃあ、みんなで15少年漂流記の森の探検しようか??」の一言で子ども達は状況を察し「やったー」と靴を履いて飛び出しました。

たまにはご褒美ってことで、、、と自分に言い訳しながら子どもたちと、近所の森の中に出発。倒木をみて「越えられない大木ってこんな感じかなぁ?」と言って登ってみたり、”15少年”の音楽を口ずさみながら崖を登ったり、子どもたちの姿もだいぶんたくましく”15少年漂流記”の少年さながら森をくぐっていました。

15少年漂流記
体験学習

木登りもだいぶ上手になってきましたね。

実体験から学ぶラボ。

ラボはただの英語教室ではありません。身体を使って全身で表現しながら言葉に気持ちをよせて話します。ただ、言葉を言うだけでなく、絵をかいたり、工作してみたり、時には実際にお話しの体験をしながら学びます。

仲間と一緒に楽しく英語を学びませんか?

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です