たくさん驚いてINPUTS

カエル
カエル

ちょっと前の事です・・・・

今日のお歌は”Three little speckled frogs”

その前に「カエルの子どもって何か知ってる」と聴いてみると・・・・・おやおや年長さんだと答えられるけど、まだ答えられない子もいますねぇ~

ということで、先日のお散歩で見つけたオタマジャクシをラボっ子が捕まえてきてくれたので、それをみんなで見てみました。「まだ足がないね~」「赤ちゃんはジャンプできないのかなぁ」「いつになったらカエルになるのかな?」などと色々な質問や感想をしばらく聞いてから踊りました。

お外だから?いやいや自分は大きく成長したカエルだからかな?いつもより元気にジャンプして楽しく踊ることができました。

「そらいろのたね」のお話を英語で楽しんだよ。

そらろのたね
英語でお話

お話しは子ども達の大好きな「そらいろのたね」です。よく知っているお話しなので、すぐに英語と日本語のお話しに合わせてうごきます。

みんな、すぐに主人公になりきって、キツネ(役の私)から”そらいろのたね”を受け取ると、土に埋めて画用紙にクレヨンで札をつくりました。(何がでてくるのかな?)

英語でお話
SKY BLUE SEED

その後は、だんだん大きくなってきた”そらいろの家”に、みんながお家で書いてきたカワイイ動物たちを入れて行きました。気がついたら自分も一緒に入ってしまって、小さな子ども達は本当にお話の中に入るのが上手です。

英語でおはなし
英語でお話LABO

いつもだったらそのあと大きな家になるために私が家を持ち上げるのですが、今日はお外でできるので、私は意地悪なキツネ役です。「みんな出て行って!!勝手に入っちゃダメ!!」と大きな声で言ってから、(その時点で意地悪な私に驚きの大きな目が可愛かった)家がどんどん2階以上の高さまで大きく、大きくなりました。子ども達のまん丸になった大きな目が本当に素敵でした。

もちろん最後は家が破裂して空から、そらいろのかけらが降ってきましたよ。

「印象に残ったようで、何度も話してました」

後日、4歳の女の子のお母さんからの感想です。もともとは何となく知っていたおはなしでしたが、ラボで実際にお話しと同じようにテーマ活動をして、大きくなった家がとても印象的だったようです。お家に帰ってから何回もその話をお父さんに話していたそうです。

楽しく印象に残るから英語もしっかり覚えます。

子ども達は、仲間と楽しく遊んでいるのですが、印象に残ったことはしっかりと身についています。お勉強とは違う形で英語を学ぶラボパーティ。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です